口腔の解剖・生理 歯科診療に関する基礎知識 顎関節疾患

口腔の解剖・筋・神経

 口腔領域に関与する神経

(GR) 神経系    昔勉強したことを思い出して下さい。    生物でも出てきた神経系の概略です。    尚、図表の多くは、上条著「口腔解剖学」、真島著「生理学」より引用しました。  

 

Ⅰ:中枢神経系  1:大脳皮質 (1)解 剖  ①肉眼的構築      外套:前頭葉、頭頂葉、側頭葉、後頭葉、辺縁葉、島      嗅脳  ②組織学的構築      全体の厚さは2-4mmで、6層の細胞層から為る。         1. 叢状層         2. 小錘体細胞(外顆粒層)         3. 中錘体細胞層         4. 星状細胞層(内顆粒層)         5. 大錘体細胞層         6. 紡錘細胞層 (2)機 能      記憶、思考などといった高次精神機能に関与2:大脳基底核 (1)解 剖                  尾状核       ──┐                    ├──線状体      被核   ──┐  ──┘              ├───── レンズ核      淡蒼球 ──┘      扁桃核   中隔核   前障   ルイス体   黒質   赤核 (2)機能      錘体外路性の不随意運動の発現に関与      大脳基底核に病変が生じると特有の不随意運動が発生する。3:視床、視床下部 (1)解 剖 (2)機 能      大脳皮質と末梢との中継機能を担う。      また、視床下部は、体温調整、摂食調整、飲水調整の中枢である。4:下部脳幹(中脳、橋、延髄) (1)解 剖     (2)機 能      脳神経の核、反射中枢の核が存在。      生命の維持に不可欠な、呼吸中枢、心臓中枢、血管運動ちゅうすといった自律機能の統合を行っている。Ⅱ:口腔領域にを支配する脳神経(Ⅴ、Ⅶ、Ⅸ、Ⅹ、Ⅹ     口腔領域を支配する脳神経では、三叉神経、顔面神経、舌咽神経、迷走神経、舌下神経が重要になります。  脳 神 経     第 1脳神経 : 嗅神経     第 2脳神経 : 視神経     第 3脳神経 : 動眼神経     第 4脳神経 : 滑車神経     第 5脳神経 : 三叉神経(混合神経;運動、知覚)     第 6脳神経 : 外転神経     第 7脳神経 : 顔面神経(混合神経;運動、知覚、副交感枝)     第 8脳神経 : 聴神経     第 9脳神経 : 舌咽神経(混合神経;運動、知覚、副交感枝)     第10脳神経 : 迷走神経(混合神経;運動、知覚、副交感枝)     第11脳神経 : 副神経     第12脳神経 : 舌下神経(運動神経)1:三叉神経(Ⅴ)  知覚枝、運動枝を含む混合神経。橋に核が存在。 (1) 知覚枝   ①分 枝       第1枝=眼神経        頭皮、前額から鼻腔の上部までの知覚      第2枝=上顎神経        鼻腔の下部から硬口蓋、軟口蓋、上顎、上歯の知覚      第3枝=下顎神経        頬粘膜、舌、口腔底、下顎からの知覚   ②伝導経路     末梢各組織        ↓     ガッセル神経節        ↓     知覚神経核(3種類)        1. 主知覚核(橋の背外側部)           触覚、深部知覚の伝導        2. 脊髄路核(橋から第3頚髄の背外側部)          温覚、痛覚、触覚の伝導。        3. 中脳路核     筋固有覚を伝導。        ↓     交差して視床に連絡。            (2)運動枝     上位中枢(大脳皮質area 4)     中枢支配は両側性。     半交差しているので、中枢性麻痺では健側と比較して筋力は 若干低下する。     主に錘体路を通って下降してくるが、錘体外路系の支配もある。          ↓     三叉神経運動核(橋外側部、第4脳室底知覚にある)         ↓     走行(知覚第3枝に同じ経路を走行)         ↓     筋支配(咬筋、側頭筋、内・外側翼突筋、顎舌骨筋、顎二腹筋前腹を支配) (3)神経の損傷に伴う諸症状    ①三叉神経知覚麻痺    ②三叉神経運動枝障害       両側の麻痺で咀嚼障害が生じる。       片側のみの麻痺の時には、核性もしくは核下性麻痺である。 (4)検査法   ①知覚障害      支配領域の知覚麻痺   ②運動障害      閉口障害 : 咀嚼力の低下      開口障害 : 患側変位(下顎を健側には動かせない)      下顎反射 : 橋より上部の障害で反射の亢進。2:顔面神経(Ⅶ)     主に運動枝から為る。橋に核が存在。     副交感枝と知覚枝もわずかに含まれ、中間神経と呼ばれる。       (1)運動枝     上位中枢       顔面下部の下顔面筋に対しては交差して片側支配。 ──┐         顔面上部の上顔面筋に対しては両側支配。     ───┴─  半交叉     中枢性麻痺が生じた場合           下顔面筋だけの麻痺が起こる。           上顔面筋では健側と比し若干の筋力低下が生じるに留まる。             ↓      顔面神経核(橋下部の背外側部)             ↓      走 行(外転神経を取り巻いて走行。橋と延髄の移行部からでる)             ↓      顔面の表情筋         上顔面筋:前頭筋、眼輪筋         下顔面筋:後輪筋、広頚筋 (2)知覚枝      舌の前方2/3からの味覚          ↓      走行(舌神経、鼓索神経)          ↓      孤束核(延髄内) (3) 副交感枝      視床下部        ↓      上唾液核(橋)        ↓      顎下腺、舌下腺:唾液分泌 (4)神経の損傷に伴う諸症状   ①末梢性麻痺       Bell麻痺=特発性の末梢性顔面神経麻痺。一側性に発生。             Bell症候:麻痺性兎眼、鼻唇溝消失、口笛不能   ②核上性麻痺       一般に末梢性麻痺より症状が軽度。かつ、症状が軽い。 (5)検査法   ①知覚障害      味覚について行う。      甘さ、辛さ、酸っぱさ、苦さについて、舌の前方2/3の味覚をみる。   ②運動障害      上顔面筋と下顔面筋に分けて運動機能を調べる。                    ┌─  前頭筋:額のしわ寄せ不可      ┌─ 上顔面筋麻痺─┤       │             └─  眼輪筋:兎眼      │      │      │             ┌─  口輪筋:鼻唇溝の浅化、口笛不能、口角下垂      └─ 下顔面筋麻痺─┤                     └─  広頚筋:口を「へ」の字に曲げさせる、頚の前屈不可    *運動障害の見方        前頭筋は大脳皮質からの上位運動ニューロン支配は両側性であるので、中枢性障害では麻痺は生じない。        しかし、下顔面筋は上位運動ニューロンも片側性支配なので、中枢性障害で対側の麻痺を生じる。        よって          前頭部片側麻痺 ────-----  下位運動ニューロン障害          前頭部正常下顔面筋片側麻痺---- 上位運動ニューロン障害          3:舌咽神経(Ⅸ)    嚥下に一番関与が深い神経。迷走神経と、機能的にも走行路・分布域も近似。 (1)運動枝      上位中枢         中枢支配(核上性)は半交叉で両側性支配。            ↓      疑核(延髄外側に上下に長く存在)            ↓      筋支配(茎突咽頭筋、耳管咽頭筋) (2)知覚枝   ①知覚       軟口蓋後部、口蓋垂、喉頭蓋、扁桃からの知覚          ↓       孤束核(延髄)   ②味覚       舌の後方1/3からの味覚          ↓       孤束核(延髄内) (3)副交感枝        視床下部          ↓        下唾液核(延髄内)          ↓        耳下腺:唾液分泌 (4)神経の損傷に伴う諸症状       味覚、口腔感覚の鈍麻       咽頭挙上の低下              (5)検査法       迷走神経の検査に準じる4:迷走神経(Ⅹ) (1)運動枝      上位中枢        中枢支配(核上性)は両側性支配。           ↓      疑核(延髄外側に上下に長く存在)           ↓      走行(舌咽神経と近似した走行)           ↓      筋支配(軟口蓋、咽頭、喉頭のほとんどの筋群を支配) (2)知覚枝       咽頭、喉頭の味覚および内臓知覚          ↓      孤束核(延髄内) (3)副交感枝      迷走神経背側核          ↓      食道括約筋(輪状咽頭筋)の弛緩      食道の蠕動運動 (4)神経の損傷に伴う諸症状     ①両側性麻痺:死亡     ②一側性麻痺:鼻声、軽い嚥下障害、同側知覚障害 (5)検査法   ①運動機能     1)カーテン徴候        一側の迷走神経麻痺がある場合には口蓋垂が健側に傾く。        咽頭後壁も健側に牽引される。                   2)鼻声の出現     3)流動物の鼻腔への逆流   ②反射機能       口蓋反射(軟口蓋の刺激で軟口蓋の挙上)の減弱       咽頭反射(咽頭後壁の刺激で反芻運動)の減弱5:舌下神経(ⅩⅡ)    舌の運動を司る純粋な運動神経 (1) 運動枝      上位中枢         中枢支配(核上性)は一側性支配(交叉)。            ↓      舌下神経核(延髄の全長にわたって背内側に存在)            ↓      走行(舌咽神経と近似した走行)            ↓      筋支配(舌筋:内舌筋、外舌筋) (2)検査法      舌の前方運動を支配するオトガイ舌筋の作用をみる。       1)両側性麻痺:舌の突出不可。       2)一側性麻痺:舌を突出させると麻痺側に曲がる                参照:下部顔面筋(顔面神経)、舌筋(舌下神経)は対側大脳皮質の片側性支配である。           よって、中枢性障害でも支配筋の障害が発生する。           他の脳神経は全て両側大脳皮質の両側性支配である。           よって、中枢性障害では症状は出ない。           一側麻痺は末梢性(核性、核下性)障害を示す。